読みもの

【子供たちにも大人気】コーン茶の特徴

【子供たちにも大人気】コーン茶の特徴

香ばしいとうもろこしの香りと、ほんのり甘く、スッキリとした味わいで、小さなお子様・ご年配の方・妊婦さんなど家族みんなで楽しめるコーン茶。ホットはもちろんのことアイスでも美味しいので、暑くなってきたこれからの季節に特に大人気です!今回は、そんなコーン茶についてお話していきたいと思います。 コーン茶とは その名の通り、とうもろこしを焙煎して煮出してつくったお茶で、コーン茶以外にも、「とうきび茶」「とうもろこし茶」とも呼ばれます。韓国で古くから親しまれているお茶で、食事のお供だけでなく普段からの水分補給としても飲まれるほどポピュラーなお茶です。 肌の健康にも? コーン茶には、ビタミンEをはじめとするビタミンが多く含まれており、ビタミンEは抗酸化作用があると言われています。細胞の酸化を防ぎ、シミやシワを防ぐアンチエイジングなどでも注目されています。また、水溶性食物繊維を多く含むコーン茶は、体内に溜まった老廃物をスムーズに排出し便秘解消にも効果的だと言われています。美容大国である韓国でよく飲まれている理由も納得できますよね。 利尿作用 コーン茶に含まれる成分の中に「カリウム」があります。カリウムには、利尿作用があるので体内の不要な水分を排出し、それによりむくみに効果があると言われています。また、老廃物や毒素を利尿作用によって排出することができるためデトックス目的で摂っているかたも多いです。このような特徴があるコーン茶。さらにノンカフェインですので、おやすみ前のリラックスタイムにもピッタリのお茶となっております。 また、食事の味を邪魔しない風味なので普段飲むお茶としてもおすすめですよ!

【子供たちにも大人気】コーン茶の特徴

香ばしいとうもろこしの香りと、ほんのり甘く、スッキリとした味わいで、小さなお子様・ご年配の方・妊婦さんなど家族みんなで楽しめるコーン茶。ホットはもちろんのことアイスでも美味しいので、暑くなってきたこれからの季節に特に大人気です!今回は、そんなコーン茶についてお話していきたいと思います。 コーン茶とは その名の通り、とうもろこしを焙煎して煮出してつくったお茶で、コーン茶以外にも、「とうきび茶」「とうもろこし茶」とも呼ばれます。韓国で古くから親しまれているお茶で、食事のお供だけでなく普段からの水分補給としても飲まれるほどポピュラーなお茶です。 肌の健康にも? コーン茶には、ビタミンEをはじめとするビタミンが多く含まれており、ビタミンEは抗酸化作用があると言われています。細胞の酸化を防ぎ、シミやシワを防ぐアンチエイジングなどでも注目されています。また、水溶性食物繊維を多く含むコーン茶は、体内に溜まった老廃物をスムーズに排出し便秘解消にも効果的だと言われています。美容大国である韓国でよく飲まれている理由も納得できますよね。 利尿作用 コーン茶に含まれる成分の中に「カリウム」があります。カリウムには、利尿作用があるので体内の不要な水分を排出し、それによりむくみに効果があると言われています。また、老廃物や毒素を利尿作用によって排出することができるためデトックス目的で摂っているかたも多いです。このような特徴があるコーン茶。さらにノンカフェインですので、おやすみ前のリラックスタイムにもピッタリのお茶となっております。 また、食事の味を邪魔しない風味なので普段飲むお茶としてもおすすめですよ!

【よもぎの風味でリラックス】よもぎの特徴①

【よもぎの風味でリラックス】よもぎの特徴①

歩いていると道路に生える、よもぎを見かけたことはありませんか?爽やかな香りと味わいが特徴のよもぎは、古くから食用、医療用など様々な方法で利用されてきました。もちろん、お茶としてもスッキリとした味わいで小さなお子さまからご年配の方まで喜ばれるお茶となっています。今回は、そんな魅力たっぷりのよもぎについて紹介していきたいと思います。 よもぎとは よもぎとは、キク科ヨモギ属に属する多年草植物で、代表的な春の野草の一つです。繁殖力がとても強いので、乾いた道端に生えているのを見かけたことがあると思います。 葉の特徴としては緑色の表面に、裏は綿毛が密生しています。また、紫褐色の小さな花を夏から秋にかけて咲かせます。 よもぎに含まれる成分、クロロフィル 原料であるよもぎの緑色の成分はクロロフィルと呼ばれる、天然色素で出来ています。クロロフィルは、血液を作るヘモグロビンを増やす効果があるとされています。血液が体内を循環することで、余分なコレステロールを吸着して体外に排出し、血中コレステロール値を下げる働きがあると言われています。血中コレステロール値を下げることによって、ドロドロの血ではなくさらさらでキレイな血液を保つことが出来るでしょう。 また、よもぎには多くのビタミンが含まれているため、末梢血管を拡張し、新陳代謝を高め血液を造り出す作用があると言われています。また、体内に酸素を運搬するための赤血球を構成する、鉄分も多く含まれているため貧血予防にも効果的です。 おなかにも優しい お茶としてだけでなく漢方薬としても売られているよもぎは、健胃効果が期待されています。また、よもぎは食物繊維を多く含んでいるため腸内で有害な物質を吸収し、体外へと排出するサポートをしそれによって、便秘解消につながり良い腸内環境を保ってくれます。 様々な、体に嬉しい作用があるよもぎ。次回は、もう少し他の部分についてもお話ししていきたいと思います!

【よもぎの風味でリラックス】よもぎの特徴①

歩いていると道路に生える、よもぎを見かけたことはありませんか?爽やかな香りと味わいが特徴のよもぎは、古くから食用、医療用など様々な方法で利用されてきました。もちろん、お茶としてもスッキリとした味わいで小さなお子さまからご年配の方まで喜ばれるお茶となっています。今回は、そんな魅力たっぷりのよもぎについて紹介していきたいと思います。 よもぎとは よもぎとは、キク科ヨモギ属に属する多年草植物で、代表的な春の野草の一つです。繁殖力がとても強いので、乾いた道端に生えているのを見かけたことがあると思います。 葉の特徴としては緑色の表面に、裏は綿毛が密生しています。また、紫褐色の小さな花を夏から秋にかけて咲かせます。 よもぎに含まれる成分、クロロフィル 原料であるよもぎの緑色の成分はクロロフィルと呼ばれる、天然色素で出来ています。クロロフィルは、血液を作るヘモグロビンを増やす効果があるとされています。血液が体内を循環することで、余分なコレステロールを吸着して体外に排出し、血中コレステロール値を下げる働きがあると言われています。血中コレステロール値を下げることによって、ドロドロの血ではなくさらさらでキレイな血液を保つことが出来るでしょう。 また、よもぎには多くのビタミンが含まれているため、末梢血管を拡張し、新陳代謝を高め血液を造り出す作用があると言われています。また、体内に酸素を運搬するための赤血球を構成する、鉄分も多く含まれているため貧血予防にも効果的です。 おなかにも優しい お茶としてだけでなく漢方薬としても売られているよもぎは、健胃効果が期待されています。また、よもぎは食物繊維を多く含んでいるため腸内で有害な物質を吸収し、体外へと排出するサポートをしそれによって、便秘解消につながり良い腸内環境を保ってくれます。 様々な、体に嬉しい作用があるよもぎ。次回は、もう少し他の部分についてもお話ししていきたいと思います!

【春といえばあの山菜?】スギナ茶の特徴①

【春といえばあの山菜?】スギナ茶の特徴①

皆様こんにちは! 突然ですがスギナ茶をご存知でしょうか?春によく見かけるつくしが枯れ、つくしの脇から細かく枝分かれした芽が出ます。それがスギナです。まったく別の植物に見えるスギナとつくしですが、地面の下ではしっかりと繋がっています。今回は、そんな不思議な特徴をもつスギナ茶について解説していきたいと思います! スギナ茶に含まれる成分 スギナには葉緑素、サポニン、鉄やリン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。ミネラルを多く含んでいると言われているほうれん草と比較してもカルシウムはおおよそ155倍にもなることも。戦後の荒廃地に、強く生きていた植物がスギナと言われており、とても生命力が高い植物です。西洋では、健康のために古くから愛飲されているとてもポピュラーなお茶です。 また、スギナに多く含まれているケイ素は、私たちの皮膚や髪の毛、爪を潤いのあるツヤやかな状態に保つ働きがあると言われています。さらに、カルシウムを運搬して、骨の中のミネラル形成を促進させる働きも期待できるので骨密度をアップさせたい方がよく飲んでいるようです! 注意する事 様々な成分を多く含むスギナ茶ですが、一方で注意する点もあります。スギナ茶はカリウムを多く含んでいるので、カリウム制限のある方は飲む量をお控えください。また、微量ですがニコチンが含まれているので、妊娠中の方、小さなお子さま、ニコチン過敏症の方なども量を控えてくださいね。 スギナ茶としてスギナを摂取する分には危険量に達することは無いと言われておりますが、気になる場合はかかりつけの医師に相談していただくか、ご自身の体調を見ながらお召し上がりください。 もうすぐ、つくしが顔を出す季節ですのでもし、道端で見かけたらスギナの芽が出るのを観察してみても楽しいですね。

【春といえばあの山菜?】スギナ茶の特徴①

皆様こんにちは! 突然ですがスギナ茶をご存知でしょうか?春によく見かけるつくしが枯れ、つくしの脇から細かく枝分かれした芽が出ます。それがスギナです。まったく別の植物に見えるスギナとつくしですが、地面の下ではしっかりと繋がっています。今回は、そんな不思議な特徴をもつスギナ茶について解説していきたいと思います! スギナ茶に含まれる成分 スギナには葉緑素、サポニン、鉄やリン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。ミネラルを多く含んでいると言われているほうれん草と比較してもカルシウムはおおよそ155倍にもなることも。戦後の荒廃地に、強く生きていた植物がスギナと言われており、とても生命力が高い植物です。西洋では、健康のために古くから愛飲されているとてもポピュラーなお茶です。 また、スギナに多く含まれているケイ素は、私たちの皮膚や髪の毛、爪を潤いのあるツヤやかな状態に保つ働きがあると言われています。さらに、カルシウムを運搬して、骨の中のミネラル形成を促進させる働きも期待できるので骨密度をアップさせたい方がよく飲んでいるようです! 注意する事 様々な成分を多く含むスギナ茶ですが、一方で注意する点もあります。スギナ茶はカリウムを多く含んでいるので、カリウム制限のある方は飲む量をお控えください。また、微量ですがニコチンが含まれているので、妊娠中の方、小さなお子さま、ニコチン過敏症の方なども量を控えてくださいね。 スギナ茶としてスギナを摂取する分には危険量に達することは無いと言われておりますが、気になる場合はかかりつけの医師に相談していただくか、ご自身の体調を見ながらお召し上がりください。 もうすぐ、つくしが顔を出す季節ですのでもし、道端で見かけたらスギナの芽が出るのを観察してみても楽しいですね。

【春先の不調にも】赤なた豆茶の特徴

【春先の不調にも】赤なた豆茶の特徴

みなさんこんにちは!温活農園スタッフのナオです。 恒例となってきました、お茶の知識を深めるシリーズです。 今回は「赤なた豆茶」というお茶をご紹介します。   そもそも「赤なた豆」って? 一般的に広く知られているのは白なた豆のほうかと思います。 ジャックと豆の木の豆ですね!また、歯磨き粉の原料として使われているものを見たことがある方もいるのではないでしょうか?   白なた豆と赤なた豆の違いは、花や豆の色です。 赤なた豆はピンク色の花を咲かせ、赤い実がなります。 白なた豆は白い花を咲かせ、豆も白色です。どちらも健康茶として飲まれていますが、生産量が少なく、より希少なものが赤なた豆茶です。 赤なた豆茶の基本的な効果とは? 赤なた豆茶は、古くから日本や中国などで健康飲料として親しまれてきました。その基本的な目的としては、デトックスなどが挙げられます。赤なた豆に含まれる成分が体内の余分な老廃物や毒素にはたらき、内臓機能の正常化をサポートすると言われています。また、赤なた豆にはポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれており、その摂取によって身体全体のバランスを整え、健康維持に役立つと言われてます。 春先に体調を崩しやすい方や、毎年この季節にやってくる体の不調にもピッタリですね! 赤なた豆茶はどのようにして摂取すればいいですか? 市販されている赤なた豆茶のティーバッグをカップに入れ、熱湯を注いで数分間蒸らし、お好みで蜂蜜やレモンを加えても良いでしょう。 また、かなり根気のいる作業になりますが、生の赤なた豆を煮出して茶を作る方法もあります。生の赤なた豆を洗い、適量の水と一緒に鍋に入れて煮出し、煮詰まったら漉して飲みます。摂取量や濃度は個々の好みや体調に合わせて調整しましょう。 最適な赤なた豆茶の利用法や注意点の再確認 赤なた豆茶を利用する際には以下の点に留意しましょう。 アレルギーの有無を確認する: 赤なた豆やその他の成分にアレルギーがある場合は摂取を控えるか、医師に相談しましょう。 保存方法に注意する: 赤なた豆茶を保存する際には、湿気や直射日光を避け、密閉容器に保管しましょう。保存方法を守ることで品質を保つことができます。ジップ付きの袋などがおすすめです。 効果に個人差があることを理解する: 赤なた豆茶の効果には個人差があります。効果を実感するまでの時間や効果の程度は個々に異なるため、継続的に摂取することが大切です。

【春先の不調にも】赤なた豆茶の特徴

みなさんこんにちは!温活農園スタッフのナオです。 恒例となってきました、お茶の知識を深めるシリーズです。 今回は「赤なた豆茶」というお茶をご紹介します。   そもそも「赤なた豆」って? 一般的に広く知られているのは白なた豆のほうかと思います。 ジャックと豆の木の豆ですね!また、歯磨き粉の原料として使われているものを見たことがある方もいるのではないでしょうか?   白なた豆と赤なた豆の違いは、花や豆の色です。 赤なた豆はピンク色の花を咲かせ、赤い実がなります。 白なた豆は白い花を咲かせ、豆も白色です。どちらも健康茶として飲まれていますが、生産量が少なく、より希少なものが赤なた豆茶です。 赤なた豆茶の基本的な効果とは? 赤なた豆茶は、古くから日本や中国などで健康飲料として親しまれてきました。その基本的な目的としては、デトックスなどが挙げられます。赤なた豆に含まれる成分が体内の余分な老廃物や毒素にはたらき、内臓機能の正常化をサポートすると言われています。また、赤なた豆にはポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれており、その摂取によって身体全体のバランスを整え、健康維持に役立つと言われてます。 春先に体調を崩しやすい方や、毎年この季節にやってくる体の不調にもピッタリですね! 赤なた豆茶はどのようにして摂取すればいいですか? 市販されている赤なた豆茶のティーバッグをカップに入れ、熱湯を注いで数分間蒸らし、お好みで蜂蜜やレモンを加えても良いでしょう。 また、かなり根気のいる作業になりますが、生の赤なた豆を煮出して茶を作る方法もあります。生の赤なた豆を洗い、適量の水と一緒に鍋に入れて煮出し、煮詰まったら漉して飲みます。摂取量や濃度は個々の好みや体調に合わせて調整しましょう。 最適な赤なた豆茶の利用法や注意点の再確認 赤なた豆茶を利用する際には以下の点に留意しましょう。 アレルギーの有無を確認する: 赤なた豆やその他の成分にアレルギーがある場合は摂取を控えるか、医師に相談しましょう。 保存方法に注意する: 赤なた豆茶を保存する際には、湿気や直射日光を避け、密閉容器に保管しましょう。保存方法を守ることで品質を保つことができます。ジップ付きの袋などがおすすめです。 効果に個人差があることを理解する: 赤なた豆茶の効果には個人差があります。効果を実感するまでの時間や効果の程度は個々に異なるため、継続的に摂取することが大切です。

【歴史ある中国茶】プーアル茶の特徴①

【歴史ある中国茶】プーアル茶の特徴①

皆様こんにちは! きょうはプーアル茶の特徴についてお話したいと思います。 ブレンド茶として入っていることが多いお茶なので単体で飲んだことがある方はもしかしたら少ないかもしれませんね! でもプーアル茶には嬉しい秘密がたくさんあるんです! プーアル茶とは プーアル茶は、中国の広西チワン族自治区や雲南省などで生産される発酵茶の一種です。その名前は、中国語で「普洱茶(pǔ'ěrchá)」と呼ばれ、一般には「プーアル茶」として知られています。この茶は、特定の茶葉を酵素活性を通じて醗酵・熟成させた後、加工されます。熟成によって、茶葉が特有の風味や香りを持ち、深い味わいが生まれます。 血糖値コントロールへの影響 プーアル茶に含まれるポリフェノールやカテキンなどの成分は、血糖値をコントロールするのに役立つとされています。これらの成分は、消化された糖の吸収を抑制する効果があるため、食後の血糖値の急激な上昇を抑えることができます。また、インスリンの分泌を促進する働きもあるため、血糖値のバランスを保つのに役立つとされています。 脂質代謝の改善 プーアル茶には、カテキンやフラボノイドなどの成分が豊富に含まれており、これらの成分は脂質代謝を改善する効果があります。特に、脂肪の分解や排泄を促進する作用が報告されています。これにより、脂質の吸収を抑制し、脂肪の蓄積を防ぐことが期待されます。 抗酸化作用と免疫力向上 プーアル茶に含まれるポリフェノールは強力な抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を除去する助けとなります。このため、定期的にプーアル茶を摂取することで、細胞の酸化ストレスを軽減し、健康な免疫系を維持するのに役立ちます。免疫力の向上により、感染症や疾患への抵抗力が高まると考えられています。   いかがでしたでしょうか?嬉しい健康効果がたくさんで、おいしいプーアル茶は食事のお供にも最適♫ ぜひ飲んでみてくださいね!

【歴史ある中国茶】プーアル茶の特徴①

皆様こんにちは! きょうはプーアル茶の特徴についてお話したいと思います。 ブレンド茶として入っていることが多いお茶なので単体で飲んだことがある方はもしかしたら少ないかもしれませんね! でもプーアル茶には嬉しい秘密がたくさんあるんです! プーアル茶とは プーアル茶は、中国の広西チワン族自治区や雲南省などで生産される発酵茶の一種です。その名前は、中国語で「普洱茶(pǔ'ěrchá)」と呼ばれ、一般には「プーアル茶」として知られています。この茶は、特定の茶葉を酵素活性を通じて醗酵・熟成させた後、加工されます。熟成によって、茶葉が特有の風味や香りを持ち、深い味わいが生まれます。 血糖値コントロールへの影響 プーアル茶に含まれるポリフェノールやカテキンなどの成分は、血糖値をコントロールするのに役立つとされています。これらの成分は、消化された糖の吸収を抑制する効果があるため、食後の血糖値の急激な上昇を抑えることができます。また、インスリンの分泌を促進する働きもあるため、血糖値のバランスを保つのに役立つとされています。 脂質代謝の改善 プーアル茶には、カテキンやフラボノイドなどの成分が豊富に含まれており、これらの成分は脂質代謝を改善する効果があります。特に、脂肪の分解や排泄を促進する作用が報告されています。これにより、脂質の吸収を抑制し、脂肪の蓄積を防ぐことが期待されます。 抗酸化作用と免疫力向上 プーアル茶に含まれるポリフェノールは強力な抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を除去する助けとなります。このため、定期的にプーアル茶を摂取することで、細胞の酸化ストレスを軽減し、健康な免疫系を維持するのに役立ちます。免疫力の向上により、感染症や疾患への抵抗力が高まると考えられています。   いかがでしたでしょうか?嬉しい健康効果がたくさんで、おいしいプーアル茶は食事のお供にも最適♫ ぜひ飲んでみてくださいね!

【ムズムズを吹っ飛ばせ!】甜茶の特徴②

【ムズムズを吹っ飛ばせ!】甜茶の特徴②

今回は、甜茶に含まれる成分・特徴にてついてお話したいと思います。なぜ、よく甜茶が飲まれているか秘密がまるわかり! アレルギー 甜茶にはくしゃみや鼻水に代表されるアレルギー症状を抑える効果があると言われている甜茶ポリフェノールを多く含んでいます。ポリフェノールとは、植物が自らを紫外線や病害虫から維持するために生産する有益な物質で、その抗酸化作用で知られています。それだけではなく、血管を強化し、脂肪吸収を抑制するなどの効果も持ち合わせています。これら一般のポリフェノールの効能に加えて、甜茶ポリフェノールはアレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑える効果があり、花粉症やぜんそくなどの症状の緩和や改善に効果があると言われています。 肥満予防 甜茶に含まれる砂糖の75倍にもなる甘味成分の「ルブソシド」は甘い食べ物や飲み物の代わりに摂取することで、摂取カロリーを抑えることができ肥満や便秘などの糖の取りすぎによる肥満の予防にも役立ちますと言われています。また、消化酵素の働きを阻害するという作用についても報告されています。 口臭・歯周病効果 日常的に周囲のエチケットとして、口臭・歯周病に対する、関心は高くなっています。口臭抑制効果にはポリフェノールが高い効果があると言われています。甜茶には、口臭を予防するための甜茶ポリフェノールが多く含まれています。また、虫歯の原因となるミュータンス菌は口腔内に残った砂糖しか栄養とできないため甘味があり、糖分を含まない甜茶は虫歯の予防にも効果が期待されています。 嬉しい効果がたっぷりの甜茶。肥満予防や口臭・歯周病を気にせずにあま~い甜茶でほっと一息タイムを過ごしてはいかがでしょうか。

【ムズムズを吹っ飛ばせ!】甜茶の特徴②

今回は、甜茶に含まれる成分・特徴にてついてお話したいと思います。なぜ、よく甜茶が飲まれているか秘密がまるわかり! アレルギー 甜茶にはくしゃみや鼻水に代表されるアレルギー症状を抑える効果があると言われている甜茶ポリフェノールを多く含んでいます。ポリフェノールとは、植物が自らを紫外線や病害虫から維持するために生産する有益な物質で、その抗酸化作用で知られています。それだけではなく、血管を強化し、脂肪吸収を抑制するなどの効果も持ち合わせています。これら一般のポリフェノールの効能に加えて、甜茶ポリフェノールはアレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑える効果があり、花粉症やぜんそくなどの症状の緩和や改善に効果があると言われています。 肥満予防 甜茶に含まれる砂糖の75倍にもなる甘味成分の「ルブソシド」は甘い食べ物や飲み物の代わりに摂取することで、摂取カロリーを抑えることができ肥満や便秘などの糖の取りすぎによる肥満の予防にも役立ちますと言われています。また、消化酵素の働きを阻害するという作用についても報告されています。 口臭・歯周病効果 日常的に周囲のエチケットとして、口臭・歯周病に対する、関心は高くなっています。口臭抑制効果にはポリフェノールが高い効果があると言われています。甜茶には、口臭を予防するための甜茶ポリフェノールが多く含まれています。また、虫歯の原因となるミュータンス菌は口腔内に残った砂糖しか栄養とできないため甘味があり、糖分を含まない甜茶は虫歯の予防にも効果が期待されています。 嬉しい効果がたっぷりの甜茶。肥満予防や口臭・歯周病を気にせずにあま~い甜茶でほっと一息タイムを過ごしてはいかがでしょうか。